関西稽古会会員・手裏剣税理士の稽古日記
 
<< 6月24日の稽古 | main | 8月6日の稽古 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2010.01.11 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
7月28日までの稽古日記
6月から非常に忙しくなってきて稽古日記をほとんど書けませんでした。理由としましては複合的な要素もあるのですが、第一義的には税理士団体の活動が非常に活発化してきたことです。

今年は

・近畿青年税理士連盟兵庫県支部で制度部長
・近畿青年税理士連盟で税制等委員長
・全国青年税理士連盟で税制対策委員長(これは実質8/2から開始)
・神戸税経新人会で幹事(パソコン研究会・組織部)
・神戸税経新人会の特別研究部(全国研プロジェクトメンバー)

と、非常に役がたくさんついておりまして、それぞれの活動が6月〜7月の総会後から活発化しています。

ほとんど仕事をする暇もないくらいといったら語弊がありますが、仕事もきちんとこなすためには、その他の時間を削らざるを得なくなり、これまではブログを書くことに充てていた時間も結局はこのあたりの活動のための時間に食われる形で余裕がなくなっています。(申し訳ありません!)

このほか、マンションの管理組合の監事としての仕事がまだ残っていて最終報告書を書けない状態でずるずると来ているのも影響しています。

管理業務を委託している管理会社の担当者や管理会社自体の対応が悪く、会計帳簿を見せずにめくら判を押させようとし、債務不履行ではないかと迫ったところ会計帳簿を出してはきたものの、決算修正仕訳が期首日付で記載されているなど不可解な処理をしているほか、期末の残高が収支報告書など財務諸表と違っているといった不整合があり、それを指摘すると「システム上そうなっているので仕方がない」的な回答をよこし、現在まだそのやりとりの最中で監査報告書が棚上げ状態です。

我々会計人の常識で言えば、総勘定元帳と財務諸表の数値が違っている(不整合がある)のに平気で「システム上そうなっている」など支店長名で判をついた書類を送って来るというのは信じがたい話です。

そんな妙なシステムは直すべきであって、客にむかって「仕方がない」とか「了承してくれ」と言う類の話ではないはずです。

ちなみにこの件と関係するかしないかはハッキリしませんが、うちの車のタイヤ二本、穴を開けられる嫌がらせを受けました。

ま、そんなこんなでいろいろありまして、ほぼ2ヶ月間、ほとんど寝る暇もないくらい忙しくしておりました。

【手裏剣術の稽古】

肝心の手裏剣術の稽古ですが、こちらは毎日欠かさず行っておりました。

最初は後でブログを書こうと思ってメモを書きためていたのですが、後半はその余裕もなくなり、とりあえず毎日きちんと稽古することだけに専念しておりました。

また、テーマを決めて稽古を楽しむ余裕はなかったので、動画の撮影もストップしておりましたが、ひたすら打剣の安定を心がけて、毎日寝起きと帰宅後に必ず一定本数を打ち込むこととしておりました。

命中率はなかなか上がりませんが威力は結構増してきたようにも思います。下がりながら打つという課題もとりあえず毎日の打剣稽古に組み入れてやっています。7月の関西稽古会は娘のピアノの発表会と鳥取から神戸に出てくる友人と会う約束があったので残念ながら休まざるを得ませんでしたが、8月はどんなに忙しくても参加するつもりで今から日程調整をしております。

何事においても道を究めるのは難しいことですが、日々たゆまぬ努力をしておればいつかは花開くものと信じて、とりあえずは毎日稽古をし、仕事をし、税理士団体の活動にも従事している今日この頃です。

とりあえずまた8月から稽古日記を再開できればと考えています。
【2008.07.28 Monday 01:58】 author : 手裏剣税理士
| 自宅稽古 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
【2010.01.11 Monday 01:58】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする